鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

カジノ問題

   

 家事の問題ではなく、違法とされているカジノで遊んでしまったバトミントン選手の話。
2人とも、並みの選手じゃなかった。一人は今度のオリンピックでメダルが期待されていた日本の逸材。
 しかし、結論から言うと、処罰止む無しだろう。心情としては情状酌量で、反省してもらって頑張って貰いたいと思う人もいるはずで、特にバトミントンの関係者や、親族友人などは何とかならないかという思いだろう。

 しかし、これを許してしまえば、世間に対して示しがつかないと言うのが今回の決定で、それは正しい判断だと思う。
真面目な人が、先輩に勧められ、断り切れずについ酒を飲んで事故を起こして、人を傷つける。
 その人が、普段がとてもいい人でも、それは許されないのだ。
確かに、他方では、もっと許しがたいことをしていても、有耶無耶で片づけられていることもあるのだが、社会的に有名になると言う事。助成金を受けると言う事の裏返しには、重い責任があるということだ。
 彼らが、今回のことで、どういう人生を歩むのか、落ち込んで潰れてしまうのか。
反省が出来て、もう一度やり直すことが出来るのか。
 それが出来れば、今回の事で、多大な迷惑や心配をかけた、親や恩師や会社・友達にも償いができるだろうし、今度こそ、本当に人間として尊敬される人になるに違いない。

 いろんな場面で、一流と呼ばれるようになるには、才能だけでなれるものではなく、やはり人並以上の努力をしてきたはずだ。
そういう人が、こんなことで潰れるのは勿体ない。何とか再起してもらいたい。

 - 信念, 社会

  関連記事

鶴の一声
杣人伝 その6
鶴の一声
信念
鶴の一声
混沌の世界
鶴の一声
EU離脱
鶴の一声
食糧危機
鶴の一声
互恵関係
鶴の一声
ひと休み
鶴の一声
野菜高騰
鶴の一声
Wトップレディ
鶴の一声
ロボット