鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

863 その後

   

このところ、体調は日増しに衰え、なかなか、ブログにも向かえない。食欲がわかないし、口にすると、痰と一緒に上がってくるの繰り返し。痛み止めと、眠り薬と仲良くやっている。正直言って、もうそろそろという気持ちもないではないが、それもままならない。    

そのなで、運が良かったのは、我が家にカミサマという最高の看護士さんが居たこと合わせて、病院も看護士さんも最高の巡り合わせだったこと、特に、病院を変わった直後に、その病院がコロナのクラスターとなり、新しい病院が急増したこと。新規の病院と話し合って在宅介護にしたところ、その在宅介護が至れり尽くせり。   

看護士さん達の対応やスピードも速い上に、先生も病室にいるのと同じ。この安心感は何とも言えない。残念ながら、まだ何か待っている(笑)ようだ。

いつか、ブログも途絶えるかも知れないが、今ではない。

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
782 備えあれば
鶴の一声
550 デザインと機能性
鶴の一声
残すもの
鶴の一声
花火
鶴の一声
18歳と81歳
鶴の一声
769 謝罪
鶴の一声
807 神の居ぬ間
鶴の一声
673 線状降水帯
鶴の一声
651 大型連休明け
鶴の一声
立ち仕事
PREV
862 3月
NEXT
感謝