鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

862 3月

   

2月は並月より3日少ないが。より短く感じる。特に今年の2月はあっと言う間だった。まず。2月の何日まで生きるか。とにかく、生きるにも、そのこと自体への戦い。3年前は、会社の始まる前に10分くらいで書きあげていた。今の生活は、寝たり起きたり、ただ、困難な呼吸と戦い、書いている内に気がぼーっとなったり、指がなかなか動かなくなり。描き直すことも多い。しかも、ブログの目的を途中で、わしの闘病生活が、みんなの励みになればという目的に代わってからは。そうもいかない。    

とりあえずの目標は、庭の桜を見る。みんなと花見をしながら、みとなれて死ぬ。最初は冗談のような話だったが、もう半月もすれば現実となる。  

この頃、よく思う事。神様は家の中にいる。我が家のカミサマも、華族も、友達も、近所のおばさん達も、みんなが神様に見えてくる。ただ、困ったことがある。どうも文字を書いていると、目がかすんでいけない。  

とにかく、17時間後に点々から解放される。このとこ何となく目覚めがいい。とはいうこのの、既に10時近い。カミサマがブログを待っている人の為に頑張りなさいと葉っぱをかける。長くは続かないので一休み(笑)。

  

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
杣人伝 その12
鶴の一声
ファミリーコンサート
鶴の一声
531 猛暑の過ごし方
鶴の一声
鶴の一声
たけのこ出てこい!!
鶴の一声
ギリシャ危機
鶴の一声
802 猛烈な台風
鶴の一声
八女茶
鶴の一声
785 災害ボランティア
鶴の一声
744 公立病院の危機