鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

861 沖縄

   

ブログを読んで頂いている方には、またまた心配かける程、間が空いてしまった。病気の進行で、なかなか書けなくなった上に、そのまま沖縄に行ってきた。このところ、骨皮筋衛門になり、寒さが応えるようになっていたところに、1月29日から寒波襲来で1週間ほどかなり冷え込むと言うので、選んだ方法が沖縄への逃亡。

気温は連日23~25度と10度高い、沖縄でも繁華街を避けて、リゾート地で過ごせばいいだろう。そう思い、最初は石垣が宮古島と思ったが、乗り継ぎがきついので、着いた日から那覇2泊して、北西部に移動してへ4泊、その後更に北へ4泊と人混みを避けて宿泊。まだ、運は味方して、何と宮古島で大型のクラスター発生。最初の計画だと、とんでもない事になるきずだった。

飛行機もきつかったが、その後、歩くのもままならない程、思った以上に体力が衰えている。今回はも娘が全て手配してくれて、3ヵ所のホテル、全てに酸素吸入器が手配されていたのは助かった。毎日、部屋の中で寝たり起きたり。もったいないが、出歩く元気は無いしコロナも心配だから、同行のカミサマには申し訳ないが、気温だけは間違いなく高い、福岡3度と言う時に25度だから、それだけでも目的は達成したことになる。

やはり、人では少ない。とくにリゾートホテルなので、殆どの店は閉店。レストランも縮小して営業。帰りは、無事帰れるか不安だったが、娘夫婦が2日前から迎えに来てくれることになっており、これまた現代のネット社会夫婦。ネットを駆使して、最も最適最短で連れ帰ってくれた。以前は、何もかも自分でやっていた手配が人頼りとなったが、安心して任せられる2人が居てくれて、本当に心強かった。車イスも手配してくれて、帰りはホテルも空港も車イス。

締めくくりは、空港で、家族全員でPCR検査を受けて安全確認。

そんなわけで、10泊11日の非難旅行が終わり、次男夫婦が迎えに来てくれて、無事我が家に帰り着いたと思ったら、携帯電話を沖縄に置き去り。場所は分かったので、送って貰うことで一件落着(笑)。

また、書けるようになったら、補足を書くつもり。

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
杣人伝 その13
鶴の一声
小説執筆中
鶴の一声
1年の終わり
鶴の一声
835 肺水の陣
鶴の一声
台風5号
鶴の一声
選挙その3
鶴の一声
812 株主総会
鶴の一声
徒然に
鶴の一声
100叩きの刑
鶴の一声
863 その後