鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

735 驚異のスコア74

   

もちろんゴルフのハーフではない、1ラウンドのスコア。体力が落ちているからと、みんながティショットをゴールド(レギュラーが白、コンペの取り決めで変える場合もあるが通常70歳以上がゴールド、レディースが赤マーク)で打つことを進めてくれたせいもあるが74は初めて。以前でもベストでハーフ38。1ラウンド83だったと思う。我々のクラスでは、余程体調が良く、天気が良く、パターを含めショットが組み合わないと80前半は出ない。    

で、そのスコアは、居酒屋での打ち上げでの話。居酒屋に行くと開店しているが、まだ客もスタッフもいない。そこでスコアの集計をして、私が74だという。二番手は90台。しかしコンペではないので、ただのおめでとうだけ。そこに女将が入ってきた。何と女将はフェイスブック友達の踊りのお師匠さん。それに集計したのが、昔少年野球の保護者で一緒だった近所の元気ママ。今は私の友人のはちみつ会社に勤めているが、確かゴルフはやってないはず。そこから、この店はどこだったっけ。どうも考えれば考えるほど場所も、メンバーも分からなくなって、初めて夢だったことがわかった(笑)だいたい、終わった時点で自分のスコアを知らないこと自体が可笑しい。    

しかし、変な夢だったけれど、お陰で夜中の1時から4時までの、その2~3時間の間は久しぶりに眠れたことになる。今朝も、血糖値はここ暫くからすると2倍くらいになっていたが、辛さは昨日から随分軽減したので、気分転換に久しぶりに筑後まで鯉を見に行こうと思っている。恐らく、今日明日までは、白血球も減少し、血糖値も高めに推移するはず。でも、1日家に閉じこもっては、気持ちまで落ち込めば、脳起因の抵抗力が低下する。    

今の心気体状態では、絵も描けない。しかし、焦ってもいい絵は描けない。そんな時は、無理しない距離と時間で、骨董屋などで絵の材料を集めて置くのもいい。この頃、もっぱらカミ様の運転。運転は出来るし私の方が上手いけれど、この際甘えている。     

療養中にも、いろんな会議やゴルフなど、いろんな案内が来る。各団体の皆さんが、事情を分かってくれているので、気を遣ってくれるので、無理な時は甘えることにした。本業関係の役目などは、新社長に殆ど交代したが、何でも一度にとなると、引き受けていた役職が多かっただけに、新社長の負担が急増することになり、本業に支障をきたしてはいけない。病院に、今度は何があるから、次は何があるからと言っては、命失くしては行けませんよと言われる(笑)     

八女公立病院は、私が病院を決める時、周りのみんなから、もっといい病院にと盛んに進められるほど、評判は良くなかった。家から5分という距離が決め手だったが、実際に行ってみると、先生方もスタッフも、とても素晴らしい。特に癌とか糖尿病、点滴部門の皆さんは、明るく優しく気遣いも素晴らしい。おそらく、評判が悪い原因の1つは、待ち時間が長い。これは各総合病院は大差はないのではないか。医師の不足が原因だからこれを解決するしかない。それよりも、会計と院内薬局の時間がかかりすぎる方が大きい。重篤患者が検査や治療を受けて、最後に会計や薬局で1時間も待たされるのは、かなり辛い。これは、すぐ解決できることで、病院経営者の怠慢としか言えない。スタッフが怠けているのではない。恐らくシステムの問題。今の世の中、こんな計算システムは相当進んでいる。トップが現状を把握して、号令をかければ半年で解決することだ。民間企業なら、この有様をみたら、すぐやるだろう。第三セクターとか、公立とかいう組織の最も悪いところだろう。名前だけの院長や経営陣なら無くして、その分スタッフの処遇や設備更新に回した方がいい。こんなこと書いていたら、次回からは上からの指示で、注射が増えるかも知れない(笑)

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
アメリカ物語2
鶴の一声
436 パター
鶴の一声
662 ホーチミン
鶴の一声
729 人生の濃淡
鶴の一声
究極の技
鶴の一声
大雪
鶴の一声
18歳と81歳
鶴の一声
K-POP交流
鶴の一声
713 外見
鶴の一声
670 新しい家族