鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

675 不便な便利

   

会社で使っているパソコンの、ネットアクセスが治った。治ったというより、こんなのに詳しい部下が、治してくれていた。私は、パソコンでもスマホでも、農機具でも、使うのはすぐ使えるようになるのだが、そのシステムまで勉強しようとは思わない。20年若かったら勉強するのに、ということにしておこう(笑)

現代の車は、とにかくコンピューターが至る所に組み込まれており、購入してから乗り換えるまで、ついに使わずに終わったという機能も多いのではないだろうか。確かに使いこなせば便利なのだろうが、販売員自身がよくわかっていない。自分の頭も使いこなせていないのに、人の作った物を100%使いこなせるはずがない(笑)

使わなくても、くっついているものはコストとして車体価格に上乗せられ、年々高くなる。高い車は、家一軒建つ。普通の家は部屋も5~6部屋あって、40年くらい使えるけど、車はわずか1ルーム。おまけに布団も敷けない、トイレも無いし、料理もできない。どうも割に合わない。そして、問題は、過去の車の故障と違い、コンピューター関係の場合は、修理が町工場では難しく、その部分のまるごと交換で、修理代も半端ではなくなるという仕組み。

やはり、シンプルがいい。スマホでも、車でも、自分が使いこなせる必要な機能だけ備わっていれば、十分足りるし、操作ミスも故障も少ない。自分に自信のない人ほど、着飾るもの。きれいな人は何を着ても、何も着なくても奇麗。もちろん美人が着飾れば、それはそれでいいのだが。

今日も雨。昨年は7月初めに梅雨明けして猛暑が続いたが、今年は20日も遅れて梅雨明けとなる。今まで、涼しい夏だったから、慣れていないだけ、梅雨明けの猛暑が恐ろしい。覚悟しておこう。

参議院選挙が終わった。結果はおよそ想定通り。今の政権を少し危ぶんだ分、立憲民主党に票が流れた。何といっても社民党の衰退は目を覆うばかり。以前は、与党と言えば自民党、野党と言えば元の社会党、それに中道の公明党、極端な共産党が付録みたいな大勢だった。一時は自民党と連立で政権を取った代表的野党が、壊滅寸前。その衰退する社民党の党首だった福島さんのインタビューも、的外れなものだった。時代が変わった、つまり民衆の価値感や考えが変わったのに、それに気づかなかったのか、対応できなかったのか、党の体質を変えられなかった結果だ。

他の野党も、自己満足や党利党略で先走りしてしまう。そうはならないで欲しいものだ。我々はいつまでも批判的な意見だけでなく、野党にも建設的な意見を望んでいる。

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
親の心子知らず
鶴の一声
524 翁長知事逝く
鶴の一声
外国人
鶴の一声
バランス
鶴の一声
杣人伝 その7
鶴の一声
50年後の日本
鶴の一声
誕生日
鶴の一声
雨のラウンド
鶴の一声
 杣人伝 その25
鶴の一声
655 PTA