鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

526 盆休み終了

   

 今年は、11日が土曜だったために、当社では11日から15日までの5連休となった。
毎年、連休だから、どこか旅行にでも行こうと思うのだが、田舎に暮らしていると、風習慣習があり、なかなか実行できない。
 まず、盆には家族親戚が来るし、親戚に盆客としてお詣りするのが慣習となっており、なかなか、それを破れない。しかも、それが連休の真ん中に来るので、5日の内、2日は昼間から飲むことになり、その日は何も出来ない。
 連休の初日は、盆客を迎えるために、我が家の内外の清掃が、これまた恒例になっており、ほぼ1日作業となる。
 
 まあ、どこかに出掛けるとしても、人が多いし、暑いし、この期間、夏休みなので料金も高いときてるから、疲れるだけということもある。
 それに、我が家自体が、田舎だからこそ、緑の木々に囲まれ、百m四方家がなく、庭先が小川になっているため、自然の中の別荘みたいなもので、改めて涼を求めて遠方まで出かける必要がない。
 
 そんなわけで、今年は特に暑かったせいもあり、ダラーっと5日間が過ぎ、今日からまた、仕事再開。会社のみんなも、調子が戻るまで今日一日かかりそうだ。
 休みの間に、久しぶりに絵を描いてみようかと、道具を取り出してみたが、いつも絵を描く部屋が暑い。
居間に、持ち込んでみたが、どうも雰囲気が違うと、気も乗らない。
 無理やり、描こうとしても、やっぱり描けずに、そのまま元の場所に戻しただけ。笑

 さて、今日から、新入社員が入社。
経理職の女性が定年を迎えるので、探していたが、ようやく来てくれるようになった。
 数年前なら、事務職の募集だと、5~6人はすぐ応募があったものだが、ここまで人手不足が進行しているのを実感させられた。
 しかし、幸い、最初から感じのいい女性が来てくれて即採用、また定年まで続けてくれることを期待している。製造部門にも、今日から新入社員。中国から日本に嫁いできている女性で、研修生の通訳も兼ねて入ってくれたが、明るい女性で、今年は何となく人材に恵まれているようで、ちょっと嬉しい盆明けになった。

 話は飛ぶが、星占いや、カード、手相占いなどあるが、私は人相占いが一番当たると思っている。人の顔には、その人の考え方や人生を刻む。
 人生が楽しければ、明るい顔に、苦しいことや悲しいことが多ければ、そんな顔に、我儘やプライドの強さも顔に出る。優しさや人の好さも現れる。もちろん、気の強さ、穏やかさ、やはり顔に表れる。
 同じような人相になる人は、同じような生活環境にあったり、同じような人生を辿る確率が高い。だから占いが当たるのだろう。

 - 信念, 社会, 雑記

  関連記事

鶴の一声
花火
鶴の一声
残すもの
鶴の一声
439 ユニクロ
鶴の一声
畑岡NASA
鶴の一声
ファミリーコンサート
鶴の一声
受け入れる
鶴の一声
頑張るマン
鶴の一声
急がば回れ
鶴の一声
杣人伝 その15
鶴の一声
葬儀