鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

全ての息子達へ

   

みんな、元気か。
元気なことが、一番の親孝行だ。
 自分なりに、頑張って生きているか。
 楽しいこと、面白いこと、自分の目標は見つかったか。
 ちゃんと飯は食っているか。彼女はできたか。
 人に迷惑をかけたり、人の人格を傷つけるようなことを言ったりしたりしてはいないか。
 
人は、だれでも強い所と弱い所。良い所と悪い所を併せ持っている。全ての人が。
だから、弱い所や悪い所があっても、必ずいい所があるから、それを見つけて伸ばせばいい。
自分で分からなかったら、友達に聞けばいい。
場合によっては、長所が短所に、短所が長所になることもある。
 
 時間は、刻々と過ぎていく。
 時間は戻らない。ありきたりの言葉だけど、今日と言う日、今の1時間1分も過ぎたら戻らない。
 だから、時を大切にしなさい。
 今が、人生の中で一番いい時だとは、その時はわからないのが当然だ。
 お前たちの価値は、生きている時間をどう生きるかなのだから。
 生まれた時は、みんな裸だ。今でも裸の商売もあるが。

もしも、自分の思い違いや、間違いで、悪いことをしたら一度リセットして、自分を反省し、人に迷惑を
かけていたら、ちゃんと償って、少しでも早く自分の時間を取り戻すことだ。十分間に合う。
決して死んではいけない。
死んだつもりで、もう一度頑張ればいい。
人の命以外は、頑張ればもう一度取り返せるが、命だけは戻らない。

 若いうちに、苦労した方がいい。
 若いうちは、大いに冒険もしたがいい。
 人は、苦しみと感動によって成長するものなのだ。
 友達を大切にして、人を裏切ってはいけない。人の信頼を裏切ってはいけない。
 自分に厳しく、人には優しく、自然や動物を大切にしろ。
 強い者にへつらうな。自分より弱いものには優しくしろ。

無理をすることはない。
本当にきつい時は、ちょっとブレイクすればいい。時間は大切だけど、休むのも大切な時間だ。
人は必ず、いつかは死ぬ。意外に早いかもしれない、遅いかもしれない。
自分の意に反して、事故や病気、そして死は訪れる。
だから、普段から、いつ死んでも悔いのない生き方をしておけ。

 人生は、何もしなければ、楽しいことより苦しいことが多い。
 でも、同じ人間で、辛そうに生きている人もいれば、楽しそうに生きている人もいる。
 その違いは、気持ちの持ち方だけだ。
 脳は、全ての身体の中枢だから、考え方が明るいと身体も元気になる。なるはずだ。
 
 
 
 

 - 信念

  関連記事

鶴の一声
橋本市長
鶴の一声
淡泊宣言
鶴の一声
残すもの
鶴の一声
初詣
鶴の一声
発つ鳥跡を濁さず
鶴の一声
今井絵里子先生
鶴の一声
530 ホスピス
鶴の一声
日本語教室
鶴の一声
株安・円高
鶴の一声
ああ懇親会