鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

849 雪王

   

日本にも狼が居る。それは、人間化には中々見ることが出来ない。その名は雪狼といって、北海道から東北、北陸にかけて生息する。冬に出没して、春になると姿を消す。その中のボスが雪王だ。  

本来、雪狼は、日本の自然と生活を守るために存在する雪の精だった。初冬から、雪の精が集まって、成長を始め子供を作る。そして、降ってくる雪を吸収して蓄え、雪崩を防ぎ、春になると、自らの雪を水に変えて、麓に少しずつ流すことで、村の生活水や田畑の水を供給してきた。それを司るのが雪王だった。   

雪狼は、山だけでなく麓の町にも潜み、吹雪から家屋を守ったり、子ども達の遊び相手になってきた。  

ところが、近年は、人間が引き起こした温暖化で、身体が溶けやすくなったり、雪王のコントロールが効かず、日本のあちこちで、どか雪になったり、吹雪が起きたりして、雪の災害が起き始めた。雪の神が言う。「何とかこれらの災害を食い止めてくれないか。人間が雪を嫌いになってしまう」。 

雪王は言う。「それは、我々の力ではどうしょうもありません。我々自身の身体が、大気汚染に汚され、脆くなり、力が減退しているのです。人間が行くところまで行って、その過ちを改めなければ、この災害は続くでしょう」

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
755 大型連休明け
鶴の一声
杣人伝 その39
鶴の一声
スマホがない!!
鶴の一声
810 女子ゴルフ
鶴の一声
516 天災
鶴の一声
836 岩松
鶴の一声
650 天皇
鶴の一声
日曜日
鶴の一声
842 へんな夢2
鶴の一声
855 初雪