鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

801 台風10号とコンペ

   

8月末のブログに、今年は猛暑で海水温が高いので、度々大型台風が襲来する可能性が高いと書いたばかりだったが、早くも、9号・10号と大型の台風がやってきた。

特に、10号は伊勢湾台風に匹敵するほどの規模だと言う。前の8号は例年のように日本海を通らず韓国、北朝鮮に抜けたが、9号も同じような進路で、幸い九州への最悪の被害にはならなかった。問題は10号。かなりヤバイ進路予想になっている。九州の西沿岸を通ると、その東側は、より強風となり、鹿児島・熊本・長崎の果樹園地帯や佐賀の米作地帯の甚大な被害が予想される。特に今は風に弱い梨やブドウの収穫時期。かんきつ類も収穫が始まったばかり。それに、先の豪雨被害の地域も復旧が終わっていないし地盤も緩んでいる。

そんな中で、こんなことを書いたら叱られるかもしれないが、今度の日曜は、地元北山会のゴルフコンペ。今まで長く会長をしてきて、今回が参加できるのも最後だと思っていたので、余程のことが無い限り参加するつもりでいた。9号が過ぎた後なので、悪天候は逃れたかと思っていたら、九州に来るはずの無い10号が進路を変えて正に直撃するという予報。

今日は、テレビやネットの台風情報に集中して、やるか中止するかを決めなければならない。48人のコンペだから、表彰式を始め、いろんな準備もしている。念のため調べさせたが、9月のその後の日曜への変更は既に予約で変更不可能。10月に入ると地域の特性で参加できないメンバーが多くなる。以前から公言しているように、私は驚異の晴れ男。こうなったら、それを信じようということになっていた。

午前中の予想では、鹿児島沖100kmに午前3時だったのが、その後午前9時となり、更に午後のニュースでは、それが午後3時と遅くなった。ゴルフ場は福岡と熊本の県境に近い。ようやく強風圏に入るかどうかという午後3時半には大方終了している。八女に帰って、表彰式を午後5時半から始めて8時までに解散すれば、暴風圏に入る前にみんな帰宅できる。

地域の親睦が目的でも、あくまでも遊びだから、みんなを危険な目に会わせることはできないので、今後も情報を確認しながら、状況が変わればギリギリで中止も止むおえない。自然の神様が味方してくれることを祈るだけだ。取り敢えずは、停電に対する備えや、強風に対する対策を今の内にしておこう。

今日は、8月26日に生まれた3番目の孫娘が我が家に帰ってきた。それまではコロナの影響でラインでしか会えなかったが、少し早く生まれたために、少しちっちゃいけど、なかなか可愛い。これから10月末くらいまで我が家に滞在するらしいので、暫くは賑やかだろう。早速、娘婿も会いに来て、1週間ほどは5人家族(笑)。この子が大きくなった時、私のことは覚えていないだろうが、一緒に写った写真を残しておけば、それを見て、こんなおじいちゃんが居て、自分の誕生を喜んでくれたことを知ってくれるだろう。

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
初登板
鶴の一声
宇宙の果て
鶴の一声
大雪
鶴の一声
津波
鶴の一声
641 救世主
鶴の一声
杣人伝 その20
鶴の一声
老木の桜
鶴の一声
524 橋本忍という脚本家
鶴の一声
648 平成最後のブログ
鶴の一声
ソウル