鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

徒然に

   

今年になって、ブログ投稿がわずか2件と非常に少ない。
なぜ少ないのか、飲み会が多かった。ちょっと心配ごとが続いた。
飲み会も一段落し、明日は休みだし、心配事は次々と出てくるが、開き直って必要以上に考えないことにした。
ので、今日は久しぶりに徒然に書いている。

イノシシが田畑を荒らして作物を食べるので退治する。イノシシに限らず、鳥や熊が人に迷惑をかけていると言うが、彼らにとって迷惑なのが人間だ。
勝手に森林を伐採して、コンクリートの道や建物を建て、排気ガスを出して危険な車を乗り回す。
自分に必要ないものは切り倒したり、勝手に捕獲して織の中で飼いならしたり、悪意がある訳ではないのに刃向ったら殺されてしまう。中には、危険だと決めつけられて見ただけで殺してしまう。
誤って人を車で轢いたら罰せられるのに、自然動物を轢いても、罪に問われない。

今年で一番の寒波がやってくると騒いでいるが、北海道や東北、北陸の皆さんにとって、我々九州の人間が騒ぎ立てる寒波なんて日常だ。住めば都とは言うけど、毎日の雪下ろしや除雪、動くのもままならないし、車も回せない。
それでも生まれたところがいいという。生物の順応する能力は大したものだ。

この頃、テレビや雑誌で取り上げられる若い世代の成功者。
その殆どが、ネットやゲームというソフトの開発や、ネットを使った売買やレンタルなどで成功した若者たち。
発想つまりアイデアが売り。
しかし、物の生産はない。物を作って提供するものではない。今後も、この傾向が続いていけば、わざわざ苦労して物を作ってお金を稼ぐより、アイデアで人や物を動かして稼ぐ方が楽だという、つまり、人の褌で相撲を取るというのが主流になれば、それが悪いことではなく必要でもあるのだが、物の栽培や物作りなどに取り組む人がいなくなるのも危惧される。

ただ、物作りが好きな、自然が好きな、土と触れるのが好きな若者も、間違いなくいる。
珠に、そういう若者たちの番組などを観るとちょっと嬉しくなる。

 - 社会, 雑記

  関連記事

鶴の一声
660 30年振りの登山
鶴の一声
小説執筆中
鶴の一声
トランプ爆弾
鶴の一声
四苦八苦
鶴の一声
756 トップの資質
鶴の一声
677 愛の子
鶴の一声
ロボット
鶴の一声
700 魚釣り旅行
鶴の一声
EU離脱
鶴の一声
629 ドラ消耗戦