鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

不必要な進歩

   

 ここ30年間だけでも、世界の化学・電気電子・機械・IT・物理など、あらゆる分野で大きな進歩を遂げた。
ロボットが活躍し、AIが人にむ代わって計算したり考えたり、宇宙を行き来したり。
身近なところでは、ポケモンゲームで大の大人が夢中になる。自動運転車の開発で児童運転も可能になる。
 コンピューターが会社から一般庶民へ、そしてスマホの進化で、パソコンを持ち歩いているようなもの。
ただ、これだけ進歩しても、癌の決定的な治療方法が確立しないし、老いることは防げない。
 それは、させてはいけないことかもしれない。

毎朝、新聞の他に、ネットでニュースを斜め読みするが、ネットの記事に対する意見が出ている。
 今朝は、中国とオバマ大統領の例のニュースや、蓮舫さんの二重国籍問題、豊洲新市場の問題、姉弟の切断事件、そんな中に混じって高畑被告の示談成立と入院の話。
 俗にいう、芸能欄に乗るような内容の記事だったが、それに対して、意見が投稿され、さらにその投稿に対しての意見というように、次から次へと。そしてかなりエスカレートした内容になっていく。
 投稿者にしてみれば、すごく理にかなった正当な意見を書き込んだつもりが、次の投稿者にバッサリ切られてしまう。
切った人も、すかさず返り討ちに会う。最後は愚か者呼ばわりされている(笑)
 これも、ITやネットの進歩によるものの一部だろうが、読んでいるうちに何か虚しさを覚える。
まさに、相手の顔を見ない社会。だから非難批判中傷も簡単に言える。

 現代社会において、何を進歩させるのか、何を変えてはいけないのか、考えないままに何でも変えていく。
急ぎすぎではないだろうか。
 結局、昔は良かったという言葉が、ますます増えているような気がする。

 街の中にいると、その世界が当たり前のように麻痺してしまうが、たまに、山に登ったり、未開発な土地に行くと、全く別世界が広がっており、とても気持ちよく感じるのは、私だけではないと思う。

 - 社会, 雑記

  関連記事

鶴の一声
想定外
鶴の一声
バンコクロータリークラブ
ペンとノート
元少年Aの手記
鶴の一声
シルバーウィーク
鶴の一声
アメリカ物語2
鶴の一声
ファミリーコンサート
鶴の一声
同一賃金
鶴の一声
免罪台北
鶴の一声
532 フラ・ブラボー
鶴の一声
地震災害 備え