鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

844 眠れぬ夜に

   

今夜は、完全暖房で、すやすやと眠れるはずだったが、どうも体のリズムがくるってしまっているようで、眠ろうとすればするほど眠れない。身体の節々が痛いせいもあるかもしれないが、こんな夜は無理して早く寝ようとせずに、ブログの進捗を稼ぐ。目標の1000号までまだ遠い。間に合わない時は、続はあの世で書く(笑)。

今夜は俳句を書こう。もちろん俳句が575で構成する物くらい、後は字あまりも許されることくらいしか知らないが、出来るだけそれらしく、且つ思いのままに(笑)。

池の鯉 主と共に 冬籠り

用水の 水面をにらむ 鷺一羽

クリスマス 孫たちの顔が プレゼント

パーフェクト 上がってみれば 目が覚める

どうも、私と一緒で、パソコンの調子が悪いのでここで終了(笑)。

                   

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
死亡欄
鶴の一声
832 麻薬
鶴の一声
よかこん八女2016
鶴の一声
杣人伝 その18
鶴の一声
757 アメリカからの手紙
鶴の一声
大樹残る
鶴の一声
杣人伝 その37
鶴の一声
無事更新
鶴の一声
745 初夏の気温
鶴の一声
発刊、発汗!