鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

真夏のゴルフ

   

 昨日は、35度という猛暑の中のコンペだった。
35度の表示であれば、日差しを受ける場所は38度くらいになる。郷ひろみ状態のあっちっち!!
まさに、何のためのゴルフかわからない。健康にはあまり貢献しないと思われる。
 それでも行くのは、ひとえに義理人情の世界。
コンペは、参加人数が少ないと成り立たないし、何より、一生懸命世話している世話人さんに申し訳ない。
 こんな暑い日にも、義理と人情で集まった皆さんのコンペがいくつも入っている。こういう友達は大事にすべき。
ゴルフ場は、とにかく日当たりが良く作られている。日差しを遮るものはない!!
とにかく、終了後の打ち上げのことだけを考えて、先に進む。

 真夏のゴルフに準備しておくもの。
まずは、日焼け止めクリーム!後で後悔しないように。次に水、絶対水分補給は必要だし、出来れば少し塩分の入ったもの。
 着替え、中休みの食事前に着替えれば、少しは楽になる。手袋も替えを1つ持っていたがいい。
日差しがきついから、サングラス着用も気持ち的にも多少涼しく感じる。
 それにタオルと日傘もあった方が、後が楽。
打ち上げは、メンバーの店でやったが、スコア80でも120でも、支障なく一緒にゲームできるのはゴルフの優れたところ。
 ハンディ次第で100以上でも優勝する。
打ち上げの二次会は、例のごとくカラオケで団体戦。ゴルフが上手く行かなくても、こちらで勝てる可能性をちゃんと残してある。
 時どぎ、遊ぶことは悪い事じゃない。
それで、気持ちをリフレッシュして仕事に取り組むことで、いい仕事やいいアイデアが生まれるかも知れない。

この猛暑の中に、5時間立っていろと言われても出来ないことだが、ゴルフをしていると出来る。
 熱中すれば、火もまた涼しというやつだ。
このくらい、仕事や勉強に熱中すればいいのだが。。。

 - 社会, 雑記

  関連記事

鶴の一声
606 探求心
鶴の一声
ビットコイン
鶴の一声
637 5G スマホ
鶴の一声
439 ユニクロ
鶴の一声
50年後の日本
鶴の一声
海外研修生2
鶴の一声
女子プロボクサー
鶴の一声
杣人伝 その34
鶴の一声
日本人讃歌
鶴の一声
765 癌記念日