鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

バス不足

   

 このところバスの文字をよく目にする。
バスと言えば、つい最近まで、飛行機や新幹線に置いて行かれた昔の乗り物。
 赤字のために、補助金で運営している市民の足。
そんな印象だった。

 海外からの団体客急増が、それを一転させた。
バスが足りない!
バスの価格が急上昇!バスは注文から届くまで1年以上。
バスの運転手が足りない。バスの事故。
 因みに、観光バスの価格は1台約5000万円、5年落ちで2500万円が相場だそうだ。

 とにかく、団体さんの国内での足と言えば、大型バスだ。電車などでは乗り換えも客の管理もとてもできない。
3年前に、だれがこんな事態を予想していただろう。
 しかし、予想していたのかどうかわからないが、規制緩和を受けて、3年前から観光バスを増やし、儲かっている友人もいる。
もちろん、ホテルもフル回転で、宿泊料も随分上がった。
 平日で3割程度、土曜だと5割は上がった感じ。
東京はもちろん、福岡でも油断していると、取れないことが多くなってきた。
 この賑わいが、いつまで続くのか。

 - 社会, 雑記

  関連記事

鶴の一声
772 持つべきものは
鶴の一声
642 ノートルダム火災
鶴の一声
776 自粛解除後のコロナ
鶴の一声
744 公立病院の危機
鶴の一声
汚れ部屋
鶴の一声
615 嘉手納基地のゴルフ場
鶴の一声
チェンマイ その2
鶴の一声
農業が大変
鶴の一声
医療費膨張
鶴の一声
魔の3号線