鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

和の世界

      2015/04/01

昨日、民謡をやっている娘さんに案内を受けていた、「和綴り」という演奏会に行ってきました。
太鼓、鼓、三味線に笛、そして民謡と踊りと、出演者は九州だけでなく東京からも来られており、本格的な演奏会で、こんな田舎町ではなかなか聞けないと思いました。
 聞いてみると、こういう和の世界も、後継者がどんどん少なくなっているとのこと、確かに、見て聞いて、いいと思ってもなかなか飛び込める世界ではなく、やはり、ほとんどの方は、余程好きになり、しかも多少の音楽の心得があったか、親か家族の関係で小さい時から教え込まれないと、簡単にできる演奏ではありません。
 気候的にも、桜7分咲き、晴れてすがすがしい中での演奏は、華やかさを増していました。
普段は、背広姿やカジュアルな服装が行きかう日々の風景の中で、和服姿に日本古来の楽器を見ると、別世界の別時間に入り込んだようで、大変リフレッシュできた時間でした。
入場料も簡単な飲食付きで5000円と、これも内容からすると、とてもお得でした。
5000円は、先日の2次会2時間の半額です。
方や、二日酔いするだけ、一方は心が洗われて2日くらい酔いしれる。
 人間は感動によって、感覚が磨かれ成長すると言われますが、機会を逃さず、普段と違う世界に入ってみるのもいいのでは。
誘ってくれた娘さんに感謝。

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
1年のまとめ
鶴の一声
707 お金の使い方
鶴の一声
卓話
鶴の一声
776 自粛解除後のコロナ
鶴の一声
759 観る人
鶴の一声
きっかけ
鶴の一声
740 俺の出番
鶴の一声
2月
鶴の一声
カタカナ文字
鶴の一声
チェンマイ その1
PREV
洒落
NEXT
選挙