鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

796 文明の力

   

人は、いろんな労働や作業、または暮らしの中で、必要に応じていろんな機械機器を発明してきた。その最たるものは、電気であり、機関車であり、自動車であり、飛行機。今は、ロケットや人工衛星まで。便利なものとしては、時計、ラジオ、洗濯機、冷蔵庫やテレビ、エアコン。危険なものもある。ダイナマイト、銃器、爆弾類、ミサイル、無人爆撃機、ゲーム機(笑)。今注目されている医療界でも、体温や血圧などの測定機器。レーザーメスや内視鏡、CT撮影器。これらの発明で手術の仕方も変わり、救命確率もグンと上がった。

私も、それら発明の恩恵を受けている。特に、病気で落ちた体力をカバーするために集めた作業機器。電動ドライバー、これはドリルにもなる優れもので、バッテリーで大丈夫かなと半信半疑で買ったものの、何の何の、今のバッテリーはかなり進化していて、家庭電気からコードを引いたくらいのパワーが出る。1回の充電で相当時間持つのも有難い。今まで苦労していたネジ締めや、木材の穴開けが数分の1の力と時間で済むようになった。

それから、電動チェーンソウ。これもバッテリーが強力になり、電源が無い場所、山中でも使え、それも直径30センチ以上もあるような相当大きな木でも伐採できる。あと、同じくバッテリー式になったことで、草刈り機も従来のエンジン式に比べ、重さが半減し、女性でも使えるようになった。電動バリカンもしかり、これらは全て揃えた(笑)。

つい最近、懇意にしている大工さんから、電動糸鋸を貰った。亡くなった義理のお父さんが使っていたが、自分は本職のものを使うため不要だと言う。丁度、工作に欲しいと思っていたので、また、1つ戦力が増えた。普通の鋸では、あんなに曲線が切れない。まだ、一度も使っていないが、今度これで彫刻したものを、例の納骨堂の柱にお宮で見るような装飾しようと思っている。ただ、もう少し暑さが和らがないと何もできない。

とにかく、私達の周りには、古代からの賢い人が発明して、それを更に進化させてきた文明の力が沢山ある。その中で本当に利用できるもの、自分の足りない所をカバーしてくれるものがあれば、大いに利用したがいい。ホームセンターを覗いてみれば、私達がまだ知らない、こんなものまでというような優れものが一杯ある。逆に、自分が、こういうものがあればと思うもので、まだ出ていないとすれば、それを提案することで新しい発明品が生まれるかも知れない。まだ、無い物が出来たら金になる。ただ、自分しか欲しくない物では金にならない(笑)。

素晴らしいと思えるものを造っている会社の株を買っておくのもいいかもしれない。今日は久しぶりに午後から出社する。決算処理の指導が目的だが、計画通り、会長室の書類整理処分も進めなければならない。相当処分してきたつもりだが、15年分の書類は半端ではない(^_^;)我が社も、世間にまだ無いものをと思って開発努力しているのだが、なかなか簡単ではない。食品業界の近代の発明の逸品は、やはり、即席めんとレトルトカレー、そして冷凍食品。これが基礎になって多くの関連商品が生まれている。更にその源流となると缶詰ということになるのだろう。

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
大樹残る
日本酒
日本酒
鶴の一声
800 9月突入
鶴の一声
795 暑さ寒さも彼岸まで
グリーン横のバンカー
知らぬが損
鶴の一声
743 池の改造
鶴の一声
小説「奥八女・杣人伝」
鶴の一声
免罪台北
鶴の一声
ボラレル
鶴の一声
524 翁長知事逝く