鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

556 ハードスケジュール

   

 10月も終わろうとしているが、今月も我が家で飯を食うのは12日間と、かなりのスケジュールだった。歳が行ったら外食も少なくなると、カミさんに言い訳しながら来たものの、何のことは無い、かえって増えているのはなぜだろう。
 仕事は、ずいぶん部下に任せてきた筈だが、やはり、長く生きていると業界や地元などの付き合いが増えてくる。付き合いが悪ければ問題ないのだが・・・
 
 そんな中で、我々の業界で作っている、みかん缶詰の古きからのライバルであり、近年また頑張っているスペインの視察が12月に決まっていたが、昨日、福岡の貿易関係団体で、勉強会をやってきた事務局から、タイ行きの案内があった。
 タイ航空のご厚意で、往復無料で、視察兼商談の企画ということ。
以前から、シンガポール、香港に続き、タイにも輸出しようとトライしていて、あと一歩のところで実現していなかったので、今回は、頼もしい助っ人もいるので、またと無いチャンスかも知れない。
 輸出量は、我が社全体からすると、極極僅かなのだが、海外の皆さんにも通用する、輸出しているということが、社員の士気にも繋がるし、会社の信用にも繋がる、そう思って取り組んできた。だから、利益第一ではない。

 ただ、問題はスケジュール。
スペインから夕方帰ってきて、次の日の朝にタイに向けて出発という日程。
 成田まで2時間、それからマドリッドまで13時間。
 安倍首相なんかは、もっとタイトなスケジュールで飛び回っているかもしれないが、乗り物が違う。我々民間企業は、社長と言えども、もっぱらエコノミー利用。
 どこかの議員さん達のように、ファーストクラスなら1年間乗りっぱなしでもいいと思うほどの違いがある。笑
 歳のことを考えたら無謀かもしれないが、幸い、自分は実際の歳より十歳若いと思い込んでいる。
 このところ、ゴルフの飛距離も伸びてきたし、更に、忙しいのを楽しむ心身障害。笑
 
 大げさではないが、人生は二度はない。時間もチャンスも二度はない。
カバンの中身を入れ替える時間があれば済むことだ。
 幸い、業務的には、生産品目やその他の要件も、問題ない時期だし、スタッフがいるので、そちらの不安は無い。これで、また我が家に居ない日が増えるが、家の周りは、夜中にイノシシ君が闊歩して番をしてくれている。
 
 忙しいと言う漢字は、心を亡くすと書くが、確かな忙しさに追われて、人の事や大事なことを忘れることもあるかも知れない。そういえば忘れるという漢字も同じ。
 しかし、忙しく過ごすことは、それだけ時間を、人生を有効に使っていることでもある。
ずっと、忙しいばかりでは、心を亡くす恐れがあるので、メリハリが必要だ。忙しい日々が続いたら、その後は、少しゆっくり休めばいい。
 みんな経験があると思うが、忙しい時は不思議と風邪ひかない。
目先にやることが、待っていると、風邪ひけないのだ。

 昨夜は、男声合唱の練習日だったが、指導者の先生から、私も知らない言葉を聞いた。
いつも同じことをやることを、「犬の行き倒れ」と言うそうだ。ワンパターン!

 

 - 信念, 経営, 雑記

  関連記事

鶴の一声
八女国際化協議会
鶴の一声
バス不足
甘夏
高級柑橘
鶴の一声
台風5号
鶴の一声
季節は新緑
鶴の一声
居酒屋
鶴の一声
戦後70年
鶴の一声
314
鶴の一声
世話役
鶴の一声
混沌の世界