鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

原発

   

原発問題は禁句!!
 政治家は、原発問題可否のコメントを求められると殆どが口を濁す。
この問題は本当にやっかいだ。
現代社会に於いては、最も効率の良い電力源であると同時に、最も危険な核を熱源にしている。何事も長所短所は表裏一体。
原発の長所
 熱効率が現時点で最高で、他の発電源を大きく上回る。
 火力発電のように、資源を大量に使わず、ばい煙などの公害もない。
 資源の無い日本にとって、火力発電のように多額の輸入コストがかからず、国の資産の流失が少ない。
 産油国の情勢に一喜一憂しないで済む。(日本経済を大きく揺るがす可能性がある)
原発の短所
 事故の場合は放射能汚染が発生し、その処理には莫大な費用と十年単位の長い時間がかかる。
 事故の場合、目に見えない恐怖と、範囲の特定が難しい。
 施設使用後の処理も大きな費用と時間を要する。

とにかく、今までは、常に産油国の動向に気を使っていた火力発電に対し、小さな資源で長期に大きな電力を生む優等生であり、そして科学の英知の果実だった原子力発電が、未曽有の大津波によって一夜にして悪者になってしまった。
 ただ、今回の事故は、地震での事故ではなく、津波による事故。想定外・想定すべき、と言うが想定外と言うのが正直ほとんどの国民の見方だと思う。
 今日、原発再稼働に対する仮処分が出た。
政策的には、今度の事故を検証し、改善してその原因を解消し、一段の予防措置を取るというのが妥当だろう。津波であれば、今後は津波の来ない場所に限定する。やはり資源の無い我が国民が豊かに暮らすには、現時点では、政治・国防・国民の財産といろんな面で原発は必要というのは理解できる。
 将来は、もっと研究が進み、原発を使わなくても少資源で公害や温暖化を起こさない電力源が発明されるだろう。
しかし、今は理屈では無くなっている。事故による被害が大きく長期化しているだけに、感情が入っている。
 被害者の立場からすれば、感情が入るのが当然。そうなると、国民も、国も、司法さえも簡単に理屈で通せなくなる。
ただ、考えなければいけないのは、自然災害による予想外の事故が発生した場合に、再発の可能性を更に更にと限りなく広げてしまえば、今後、高層ビルも建てられない。飛行機も飛ばせない。新幹線も自動車も。
 だれも、原油が入って来なくなることは想定していない。
世界の中の日本として、前にも述べたように、皆、昔は良かったと言いながら、残念ながら、現状維持には止まれない。

 - 社会

  関連記事

鶴の一声
1年の終わり
鶴の一声
蓋をする
鶴の一声
少子化の行方
鶴の一声
振り返り
鶴の一声
外国人
鶴の一声
621 不満
鶴の一声
521 商売の原則
鶴の一声
不要
鶴の一声
578 年の瀬
鶴の一声
講演料