鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

アンポホウアン

      2015/09/19

 昨夜は、東京と福岡で歓声が上がった。
方や、揉めにもめている安保法案の参議院での議決、方やソフトバンクのパリーグ制覇の歓声。
 まさに、戦争と平和!!
アンポホウアンと書くとベトナムの人名みたいで、ホンワカとしているが、とにかく久しぶりに国会で乱闘らしきものを見た。見せられた。

 今日は、安保法案について、わかりやすく考えよう。
元々、安保法案とは何か?

 一番の問題は集団的自衛権を認めるかどうかだ。今までは、日本は専守防衛として、我が国が攻撃された場合にのみ防衛の為に戦うという法律だった。その代り、何かあればアメリカが日本を守る。
 それを、同盟国、つまりアメリカが日本や日本人を守る活動中に、敵国から攻撃を受けた場合は、これも日本が攻撃されたものとして反撃できるという解釈にすると言うのが集団的自衛権。
 これは、自分に置き換えても、自分を守るために、やられている人を黙って見殺しにするという方が異常であって、当然だと思うし、以前に民主党が政権を取っていた時は、民主党の幹部の中でも、賛成意見があったものだ。

 それに、自衛隊が、海外で生命の危機に立たされた日本人を救出できるというものや、その時に武器が使える。
こんなのも、考えてみれば、当たり前のことで、出来ない方がおかしい。
 ただ、これに付随して、国外での同盟国に対する後方支援活動や、国連の戦闘活動にも協力するということで、自衛隊員が戦争に巻き込まれるので、戦争放棄に違憲するという反対意見が出たわけだ。
 
 この安保法案は、文字通り、日米安全保障条約を基礎に、主に自衛隊の活動に関する「平和安全法整備法案」と国連活動支援の「国際平和支援法案」のことで、基本には日本がアメリカに守って貰っている事実がある。
 日米安保は解消しようと思えば、出来ないことはないのだが、これを解消すると今の日本では、莫大な防衛予算をつけるか、裸になるかというわけだ。
 何事もなければ、自衛隊で十分なのだが、政府も、大方の国民もそうは思っていないだろう。
勿論、武力解決はしないに越したことはない。しかし訳の分からん国は存在する。
 それ以前に、アメリカにも他の国際社会にも、日本はいざと言う時、自分たちは憲法を傘に危険から逃げて、金だけ出せば済む。他国の人命で自分たちの命を買っていると言うような蔑視があり、日本を代表する政府としては、名誉回復したいというのが念願だったわけだ。

 で、本来は、日本の国のことを思って議員になった与野党の議員が、何が問題で、どこまでどうするとか、ここはもう少し考える時間を取ろうとか、この部分は国際社会の一員として決めてもいいとか、話し合うべきなのに、野党は、とにかく与党案に対しては全て反対なのだから、どこまで行っても、結論は出ない。その結果が昨夜の出来事。
 いつまでも、国民のための議員か、政党のための議員がわからない。比例代表制も考え物だ!!

 ただ、面白いのは、あれだけ日本の最後のように激しく反対運動を繰り広げている人々がいるかと思えば、そんなもん!という感じで、ソフトバンクの優勝で盛り上がっている国民も同時に存在すること!!
 昔から何事も、執行部とか世話役というのは、やりたくないこともやらなきゃならないし、それに対して必ず反対する烏合の勢力が出てきて、言いたいことを言うだけという構造は、大なり小なり変わらない。

 - 政治経済, 社会

  関連記事

鶴の一声
携帯依存症
鶴の一声
オリンピック
鶴の一声
夫婦同姓
鶴の一声
ベトナム2018
鶴の一声
牛丼値下げ
鶴の一声
名誉欲
鶴の一声
比較がおかしい!
鶴の一声
大連
鶴の一声
616 福岡県知事選挙
鶴の一声
小池さん正念場