鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

636 平成最後の誕生日

   

 4月2日私の誕生日。しかも昨日新元号が発表され、平成最後の誕生日となり、これで昭和平成令和と3代の元号を生きることになる。まさか4代にはならないと思うが(笑)

 私は、以前に書いたように、誕生日が二十歳頃まで2つあったので、何となく誕生日に対する思い入れが薄いが、やはり誕生日で年齢が1つずつ増えていくので無関心というわけにはいかない。
 今は、4月6日をきっぱり止めて、今は4月2日が統一誕生日。
昔の出生届は、多少いいかげんなところがあったらしいので、もしかしたら4月1日生まれかもしれない。そのせいでこんな冗談のような人間になったのかも。

 どんなに心身元気のようでも、確かに年齢は嘘をつかない。
やっぱり走って疲れたり、ドライバーが跳ばなくなったり、皺や白髪が目立ってきたり、しかし、それは人として当たり前に成長している証拠だから、ちゃんと受け入れて、それなりに生きる。
 昔、私が素敵だなと思っていた年上のクラブのママさんが、久しぶりに会った時、素敵に歳をとっていらっしゃいますねと言われて、これからもそう生きたいと思った。
 実際は、そうならず、いつまでも20代のつもりでいるから始末に負えない。

 私の姉は、60歳になった時から、毎年歳を1つ引いているから、いつの間にか私が年上になってしまったが、我が家はそういう血統らしい。
 これまで、多くの経験をさせてもらい、みんなに付き合ってもらい、家族や友人知人にも恵まれ、大変な時期はあったものの、仕事にも恵まれたといっていいと思う。
 もちろん、自分だけの問題じゃないので、そうはいかないが、例えば急な事故で死んだとしても自分の人生に対しては悔いはない。
 これからは、後進が不安なく会社経営ができるように最後の仕上げをやり、家族や地域のために出来る範囲で役に立って行きたい。なんて殊勝なことを言っているけど、まだまだ元気な内は、人生を無駄なく生きるつもり。
 体は自然と動かなくなるから、自ら動かなくする必要はない。

 これからも、何事もくよくよせずに、前向きに生きていく。活きていくがいいかも(笑)
若い時にしかやれないこともあるが、ある程度歳を重ねてからやれることがある!!

 「人生とは己を探しに来たところ」これは以前に、会社の講演会に来ていただいた近くの寺一念寺の和尚さんの言葉。もう20年以上になると思うがずっと残っている。
 

 - 信念

  関連記事

鶴の一声
鶴の一声
優れモノ
鶴の一声
574 国会狂騒曲
鶴の一声
安保法案
鶴の一声
634 社用車
鶴の一声
554 野球CS戦
鶴の一声
残すもの
グリーン横のバンカー
知らぬが損
鶴の一声
夜明け前
鶴の一声
経験無くして