鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

2月

   

 2月に入った。
1月は、正月から新年会など、行事も多いので長く感じる。
 その反対に、2月になるとスケジュールもぐっと少なくなり、1月より3日も少ないのたーで早く感じる。
 2月は、以前は最も寒い月と言われたが、今はそうでもなくなった。
もう、一番寒い時期は過ぎたような天候が続いている。東北、北海道はまだまだ大変な積雪で2月半ばまでは、そんな日が続くのだろう。
 今日も、朝冷えると思ったが外気温度は1度。零下ではなかった。

2月と言えば、飲食店にとっては鬼門の月。2月、6月、11月は客が減ると言われる。
 1月に正月や新年会でお金を使うので、2月にはみんなお金が無くなっている。
3月は送別会、4月は新学期や歓迎会そして花見、5月は節句やGWの行楽、そのあとの6月も金がない。
 9月、10月は旅行シーズンやスポーツ大会で、その打ち上げで客が来るが、忘年会シーズンの12月に挟まれた11月は、お金を使えない。

 飲食店も、旅館も、美容室も、飲み屋も平均的に来てくれれば有り難いが、来るときは一緒。お断りして、チャンスを逃す。
 みんな考える事や考えるときは一緒なのだ。
昔、会社で休みをずらしたりする試みがあったようだが、やはり子供や家族、または取引先との関係で難しい面が多いのだろう。

 - 社会, 雑記

  関連記事

鶴の一声
645 選挙が終わり
鶴の一声
659 犬猫貿易
鶴の一声
互恵関係
鶴の一声
始まりの始まり
鶴の一声
日曜日
鶴の一声
648 平成最後のブログ
鶴の一声
義父の死
鶴の一声
雨が欲しい
鶴の一声
格差問題
鶴の一声
たけのこ会議