鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

551 最後の合唱

   

 出張中に、男声合唱団のグループラインで、団員のホスピス入院を知らせてきた。
ホスピスというのは、ご承知だと思うが、末期がん患者が、手術出来ない状況で、最後を安楽に迎えるための施設。前にも合唱団慰安で、ブログで紹介したことがあると思う。
 薬で、痛みをほとんど抑えるので、患者さんに苦痛苦悩の表情は無く、施設も明るく、置いてある書籍も、心を安らげる本や宗教、悟りの本。
 
 そのホスピスに、今年の6月まで一緒に慰問に参加していた彼、彼と言っても、私よりずっと年上なのだが、合唱団では私が先輩。その彼がホスピスに入院したという。
 ホスピスに入院すると、平均的に2~3週間の命と思っていい。
入院する患者は、意識ははっきりしているので、本人も分かっていて、覚悟の上の入院ということになる。だから書籍も、そのような最後を迎えるための本が揃っている。

 その彼が、ご家族を通じて、最後に仲間の合唱団の歌を聞きたいとの希望だと言う。
昨日の日曜、地元の合唱祭が行われるので、その練習と本番の合間に、みんなで行こうということになった。幸いその病院は隣の市にあり、車で行って、本番に歌う歌を中心に30分ほど歌って、それから帰っても十分に間に合う。
 彼は、一度前に入院して、退院した後、元気な様子で練習に出て来ていたが、その後、またちょっと具合が悪いので休むと言っていたが、こんなに急変しているとは思いもよらなかった。
 長身で、社交ダンスの先生もしていて、中々ダンディな紳士だったが、ホスピスで横たわる彼は、驚くほど細くなり、青白くなっていた。
 前もって、病院にお願いして、ホールを貸し切って、ベットを移してもらい、18人がベッドを取り囲むようにして、みんなで歌ったが、声の出ない口を、一緒に歌うかのように動かした。
 目は、開いているが、もう瞳は動かない。
私は、涙もろい方なので、歌いながら、涙がこぼれ落ちる。
 奥さんと娘さんが、喜んでくれて、本番のためのコサージュを作ってくれていた。
翌日、団員間ラインで、彼が亡くなったと言う知らせが届いた。
 昨日の今日だ。彼の意識のある内に間に合って良かったと思った。

 死は、誰にも訪れる。
交通事故で死んだり、病気や怪我で死ぬこともあれば、老いて死ぬ人もある。
 老衰などで分からなくなって死んだり、事故などで急死したりする場合は別として、病気で死ぬ場合は、長い時間、死の恐怖や痛みを味わうことになる。
 慰問や、今回のことで、ホスピスを知るようになり、若ければ、痛みを伴っても、手術するなどの努力を重ねるべきだろうが、年老いて不治の病が見つかった時、苦しみながら逝くよりも、私だったら、このような施設で、絵でも描きながら、心穏やかに死を迎えたいと思った。

 また、孤独に亡くなる人もいれば、友人家族に看取られて亡くなる人もいる。
それは、その人の生き方による。
 どんなに強気でいても、逝く時の気持ちは、その時にならないと分からないものだ。
 

 - 雑記

  関連記事

鶴の一声
携帯依存症
鶴の一声
トランプ
鶴の一声
朝の風景
鶴の一声
ああ懇親会
鶴の一声
イボ兄弟
鶴の一声
帰国
鶴の一声
息抜き
鶴の一声
杣人伝 その26
鶴の一声
格差
鶴の一声
666 悪魔のブログ