鶴の一声

靏繁樹が日々考えたことや思いついたことを徒然とかきます

*

梅・たけのこ

      2016/03/02

 近年、品種改良や温室栽培で、野菜や果物の季節感がなくなってきた。
みかんは、最後の出荷が3月に終わるが、8月からはハウスみかんの出荷が始まる。
 メロンやスイカも、夏の果物の定番だったが、寒い時期でも出回るようになった。
トマトやキュウリなどは、年中ある。

 そんな中で、今でもその時期しか出て来ないものもある。
私の地元の名産、梅やたけのこもその一つ。梅は採算的に温室栽培が合わない、と言うか、早く採れる必要性がない。つまり、梅は生で食べるものではなく、加工するから一年中ある。
 たけのこは、あんなに高く広い園地をハウスで囲えないし、その投資対効果も期待できない。
たけのこも、早く収穫すると価格も特段に高いが、早すぎても善し悪し。
 1月や2月の初めまでは、まだその季節ではない訳だ。
やはり、たけのこの旬は、2月後半からで、それからは早いほど価格は高く、4月のものと比べると5~6倍高い。
 日本人は、珍しいものや希少価値に対して高く払う。本当に美味しいのは、たけのこに限らず盛りという時期。
たけのこの場合は、4月の半ばが盛り。それと、地中から掘り出したものが、地表に出たものより美味しいのだが、近年、たけのこを掘る人が老齢化したり少なくなり、なかなか難しくなっている。

 因みに、たけのこは、竹の旬と書いて筍。
たけのこにも、表年裏年があり、前の年の発生状態や、その年の雨量、台風、竹の葉の色などを見て、その年の発生量を予測する。また、発生時期は、雨量と気温。
 ただ、その他、専門的な地理条件や園地の方向なども関係するから面白い。
 
 これからの季節を感じさせる旬のもの、たけのこ、蕗の薹、たらの芽。。。どれも天婦羅に合う!!
いつまでも、旬は旬として味わいたいものだ。それが日本人の情緒や味覚を育んできたのだと思う。

 - 農業, 雑記

  関連記事

鶴の一声
687 韓国良好旅行?
鶴の一声
678 娘嫁ぐ
鶴の一声
439 ユニクロ
鶴の一声
感謝
鶴の一声
とりあえず
鶴の一声
572 1年の終わり
鶴の一声
758 目覚まし小鳥
鶴の一声
701 ハイパーサーミア
鶴の一声
572 異常気象
鶴の一声
717 義母逝く
PREV
要領
NEXT
高級柑橘